わきがの原因とその対策

わきがに悩む

一般的に言われている「わきが」とは、正式には「腋臭症」と呼ばれる症状になります。
わきがの主な原因は、アポクリン汗腺と呼ばれる汗の管から分泌された体液が原因となります。

アポクリン腺の分泌液自体は無臭なのですが、アポクリンの汗の中には脂肪分や蛋白質が多く含まれています。それが皮膚表面の細菌などよって分解され、わきが独特のニオイを発します。そのわきが臭が、汗の蒸発により空中に飛んでしまって臭いを分散させるのが原因と言われています。また、腋毛が多く生えていることも、臭いをより多く保持し強める効果を伴っています。

周りを不快にさせたり、服に黄色いシミを作ったりするこのわきがですが、原因は主に4つあります。

1つは食事です。脂肪分の多い食事をすると汗腺が刺激され、臭が強くなります。

food-1146822_640

2つ目はストレスです。ストレスも汗腺を刺激してわきがを悪化させます。

3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s

3つ目が肥満です。肥満は汗の臭いを強くするとともに、温調整の為に大量の汗をかきます。

eb26fdf3a8f376077a9193d8829c6dcd_s

4つ目が腋毛の処理です。腋毛は臭いを保持する役割があるので、たくさん生えていると臭いの原因となります。

以上を踏まえて対策としては、まずバランスの取れた食事をする事、ストレスをなるべく抱えない生活をすること、腋毛の処理をきちんとするという対策が必要になります。

また、市販の制汗剤を使うことも有効です。あまりに症状がひどい場合は、手術療法による対策も考えられます。最終的には医師に相談し、最もいい治療法を判断してもらうのが理想的です。